ちゃちゃこますぞ

動画、書道、アニメ、ゲーム、雑多

前半より後半の方がゆびめっちゃ動いた。 by冴丸

お久しぶりです。

 

 

めっちゃ更新忘れてました。というより、気力が沸かない&謎の体調不良で何もする気が起きませんでした。

 

 

何か先月末に流行病のワクチン接種してから微妙に気怠い日が続いてるんですよね。

 

 

おかげで重い体重がいっきに3㌔ほど減りました。

 

 

副反応も結構ひどかったのに2回目が今月末に待っていて最近は震えて眠る日々を過ごしています。嘘です。

 

 

更新をサボっている間にハマったこと

北斗の拳にドはまりしました。

もうつらい。

つらすぎる。

 

 

ずっと男同士の戦いの話かと思ってたら、「愛」がテーマのめちゃめちゃ奥が深い話やった。

 

 

出てくる拳士の大半が壮絶な最期を遂げるから心がしんどくなる。

 

 

特に南斗の何人かが死ぬシーンは泣いた。

 

 

めちゃめちゃ泣いた。

 

 

お盆辺りから一気読みしてるけど悲しすぎて心にダメージ負っていまだに立ち直れてない。

 

 

ラオウとの戦いが終わったあと修羅の国とか行ったりするけど、なんかそれまでに死んでいった強敵(とも)たちが強烈すぎてなかなか先を読み進められずにいる。

 

 

特に書くことがないその他にあった出来事

オリンピックが熱かったです。

 

 

気温も熱かったです。

 

 

以上です。

 

 

えぇ…どうしよ…まだ字数残ってんじゃん…

まだ1000字まで500字近く残ってるやん…。

こんな字数に悩まされるのは学生時代の読書感想文以来やで……。

 

 

ということで最近自分が考えていることをつらつらと書いていく。

 

好きなキャラクターと理想の自分像

北斗の拳を読み始めたからこの話をしようというのもあるけれど、小さいころから好きになるキャラクターってのはほぼ決まって「こうなりたい」「斯くありたい」と思うものが多かった。

 

 

そしてそう思うキャラクターは男ばかりで、取り分け男の中の男と言われるような人物が多い。そう、女性ウケよりも男性ウケがいいキャラクターが多い。

 

 

身命を賭して行動するタイプが好きなのだ。

 

 

そして自分もそういう人物になりたいと憧れる。

 

 

あとは単純に男臭いのが好きだったり。

 

 

ただその好きが、憧れであり「なりたい自分の理想像」なので現実のDNAレベルでの性別と一致しないのだ。

このことに気付いたのは割と最近で高校を卒業したあたりだと思う。幼少期は何の違和感もなかった。

 

 

あと、自分の理想像の中で日常生活に役立つような性格のものはほぼ無い。

 

 

何故ならありがたいことに今の日本は平和で平凡に生きている自分には身命を賭すことなんてほぼ無縁だからだ。

 

 

ただ一度だけ、こういう理想の自分が役に立ったことがあった。

 

 

 

 

というところで1000字超えたからこの話は次回きっちりします。

頭の中を整理するために時折こうして書いていこうと思うので。

 

 

では良い週末を:‐)

2週間でYouTube登録者500人達成!!わーい

こんにちはカイです

 

初投稿から2週間で登録者500人突破してしまいました

 

多分無名で、しかもYouTube以外からの流入を含め無かった中ではほぼ最速だと思います

具体的に何をしたのかは、こちらをご覧ください

https://kaikussee.hatenadiary.com/entry/2021/08/05/174233

 

やはりジャンル選びがタイミングとバッチリ重なったこと、それと動画が1つバズったことが良かったんでしょうね

 

今回のブログはただ500人突破が嬉しくて喜ぶだけの記事です。

 

素晴らしい情報は最後まで読んでも一切出てきません

 

一応Googleスプレッドシートに今までの情報まとめてたりするので、

1000人超えたらまた有用な記事書きます

 

茶番

あーー!!
YouTubeでバズって一生ダラダラ遊んで暮らせる金が欲しいー!
そのためにYouTuberになりてぇ!!!

 

おや? こんなところに、8月入った時くらいから丹精込めて育てた、YouTubeチャンネルが落ちているぞ?

んん?

なんだって?

 

 

あと、たった464人登録者を増やせばYouTubeからお金が貰えるようになる。

だって!?

 

つまり、YouTuberになるまでの折り返し地点に到達したってことかい!?

 

わーお!
なかなか頑張ってるじゃないか!

 

ということは、あとは、登録者をガンガン増やして、収益で1千億円貰って隠居するだけなのかい!?

 

とっても簡単じゃないか!!

 

こーしちゃいられない!残り500登録者を増やすために僕はさっさと動画編集に入らせてもらう!

 

さっそく、君も動画を作ってみよう!

 

注意

 

登録者数が700万人近いフィッシャーズの年収が4億くらいらしいです

どっかの記事で見ました

 

1千億円はちょっと厳しいかもしれません

 

では、みなさま

良い一日を

YouTubeチャンネル作ってみた 心構えと1日目の経過

こんにちは、カイξです

 

昨日からYouTubeで新しいチャンネルを作って動画を投稿してみたので、経過を報告します

 

結論から言うと、24時間で1本目の再生回数2回です

 

そもそも

私はYouTubeに向けた動画編集を主にしているんですけど、この動画を編集してくれたら3000円とか、高いやつだと1本1万円とか言われるわけですよ

 

つまりYouTubeで登録者が増えれば1万円で編集を頼んでも儲かるってこと?

 

って誰でも考えますよね

 

ということで私も収益化だけを目指して自分の好きな物は一切排除したチャンネル運営を始めてみようと思った次第です

 

YouTubeで儲かる仕組み

 

YouTubeで1円でも儲けるためにどうすればいいのか。というのを簡単に説明すると

 

①広告収入

まず、思いつくのはこれですね

YouTubeを収益化すると、広告が再生される度にお金が貰える制度です

 

とまぁ、簡単に言うけど、

実際は動画をきちんと見てくれている登録者1000人(他にもアダルトダメとか、著作権とか細かくは色々あるけど)が必要な訳です

 

そこに至るまでが超大変らしく、1/10くらいの人しか収益化までたどり着けないそうです

しかも、そのうちの半分以上は1本1000円も稼げません

 

こう聞くと無理じゃね?

と思うかもしれませんが、対策と継続をすればいけるんじゃないかなって私は思ってます

無理ならごめん

 

でも、広告収入って1度得られたらその後は動画を投稿出来なくなったとしても再生される度に一生入ってくるんでしょ?

神じゃん?

 

②ほかの媒体に誘導する

具体的に言うと、

 

・会社を経営してて宣伝のためにYouTube始めました

アフィリエイトをやってて、動画でレビューなんかをしてAmazonとかで購入してもらう

・ブログに誘導し、そこでの広告収入を得る

・個人で発売している何かを売り出す

 

とかですね

会社は個人では関係ないし、何かを売ってもいないので、商品レビューかブログが私が1円でも稼ぐためのメインルートですね

 

③企業とコラボ

言ってしまえば、うちの会社を宣伝して下さい。お金払いますよ。

 

というシステム

 

有名なYouTuberじゃなくてもジャンルがあった企業にこちらから営業して行ったら意外とコラボしてくれるそうですよ

 

ただし、有名YouTuberに比べたらほんの少しの収入ですけどね

 

 

主にはこの3つだと思います、今回私が目指すのは①広告収入です

 

ジャンル決め

投稿したい動画のジャンルはきっとあることでしょう。

しかし、今回は私欲は捨てます

最速の収益化を目指すなら1ジャンルに絞ってください

 

本当にやりたいゲームとか、アニメとか一切関係ないジャンルに決めました

今回のチャンネルが成功したら、その金全部ぶっ込んでVTuberやるつもりです

 

ジャンルの決め方

 

まず、どのジャンルが今伸びているのかを考えます

私は動画編集をしていく中でクライアントさんから

この動画ジャンル新しく始めるんですけど編集しませんか?

と聞かれるって言うのが同じジャンルで何個もあったので、それにしよ。って決めました

 

そのジャンルなら動画のクオリティも他に負けない自信があったからです

 

で、実際にYouTubeに24時間以内に投稿された同じジャンルの動画を見て、だいたい全部伸びてるな。そんなに競合はいないな。と判断したため決めました

 

旬なジャンルはその時々で絶対変わるので、リサーチは慎重になさってください

 

チャンネル解説

実際にチャンネル解説をして、チャンネル名、アイコンなんかを伸びてるチャンネルを真似しつつ設定しました

その他の細かい設定もいろいろと

 

動画投稿

 

これでようやく動画を編集、サムネも作って

投稿できますね

 

投稿時間

投稿する時間はそのジャンルのターゲットとなる人物が1番YouTubeを見るであろう時間にしました

基本的には夕方の18時くらいに投稿しているチャンネルが多いのでは?

 

1本目から伸びるわけが無いと頭では分かっていながらも、まぁ期待はするわけです

 

どうだ! やったぞ! 

1本目から大バズりしないかな!!

 

24時間経過

とりあえず2本目(1本目より面白い)の投稿を設定しつつ、1本目の24時間経過後の結果を見ていくと

 

再生回数 2 

チャンネル登録者数 1

 

でしたヾ(^。^)ノ

 

これ結構凄くないですか?

だって2人しか見てないのに1人チャンネル登録してくれたんですよ?

つまり、興味がある人が見さえすれば動画は面白いってことじゃないですか!

 

分析

この2人がどこから見に来たのかを見るとすると、2人ともYouTubeでワードを検索してから動画を見る熱心なジャンルのファンの人のようです

 

平均再生時間がだいたい投稿した動画の半分だったので、チャンネル登録してくれた人は最後まで見てくれて。

もしかしたら、1人はライバルの視察かな?って思ったんですけど

まぁ、初日にしては順調だと思います

 

なぜかと言うと初日にはYouTube自体のオススメに動画を載せてくれないからなんですよね

 

一般的に見たことないチャンネルの動画を見る時って次にオススメ。の動画から面白そうな動画を探しません?

そこに掲載されないってことは再生回数が増えるわけが無いってことです

 

オススメに掲載され出すのが一般的に定期的に動画を上げ続けて、3ヶ月後だと言います

もし、途中でバズったりしたらもっと早いんでしょうけど

 

今後

今後、少しづつでも動画を見る人が増えていく中でそのジャンルが好きな人のオススメに表示されるようになれば、ガンガン伸びるはずです!

私のサムネは見やすいし、動画は面白いので!!!!(個人の感想です)

 

目標はとりあえず収益化すること

できれば3ヶ月を目指したいけど、無理をして動画作るのが嫌になったら元も子もないので、ゆっくりでいいんです

 

できる限り毎日投稿もして行きたいけど、無理にするくらいならその日は諦める

くらいのスタンスでやって行きます

 

今後もよろしくお願いします

ひぐらしのなく頃に完遂。なぜ、面白く感じられなかったのか思いを綴る

こんにちは、カイξです

 

昔のひぐらしのなく頃に、無印と解を見終わりました

 

今更ひぐらしを見るきっかけはひぐらし業がスタートした時に

「リメイクかぁ、ひぐらし見たこと無かったし見てみるかぁ」って考えてたのに、2話でどうやらリメイクじゃなくて新作だ!と言われたためです

 

そりゃ3期から見たくないので、1期に戻りましょってなりますのよ

 

この先ネタバレあり

 

結論から言うと

タイトルにも書いてるんだけど、個人的には結論から言うと、ほどほどの良作ではあるんだろうけど、神作と言われるほどには思えないって感じでした

 

これ理由があると思ってて、

多分あまりに人気になりすぎた為にひぐらしがホラーパニックやループ物としてのジャンルのお約束を確立してしまったために後のあらゆる作品でそのお約束を使われまくった結果、

15年以上後に見た私には既視感を感じるものになってしまったためなのではないかと考えてます

 

ジャンルを確立

例えば、ドラゴンボール

ドラゴンボールより前のジャンプ作品をほとんど知らないのにこんなこと言っていいのかわかんないんですけど

 

多分、

・敵を倒すと味方になるっていう熱い展開

・気っていう目に見えない生体エネルギー(ハンターの念や、ナルトのチャクラなど)

・負けるほど強くなる

 

この辺りをジャンプ作品に限らずバトル作品の当たり前というか、お約束にしたのがドラゴンボールなのでは無いかと思ってます

 

だから、他のジャンプ作品、バトル漫画をたくさん読み漁った人にはドラゴンボールが見たことある展開ばっかりで目新しいものがないように感じるんじゃないかと思います

 

実際に

日常系アニメとか部活物が好きな妹に、涼宮ハルヒの憂鬱をオススメしたことがあって

 

というか、なんでハルヒ見たことないの? ありえないでしょ?

って言ったんですけど

 

見終わった妹からの返事はあんまり面白くなかった

でした

 

これも同じ理由なのかなって思ってます

 

結論

 

ということで、ひぐらし

・突然狂気的に人が死ぬし殺す

・突然雰囲気が暗くなるその反面、日常があまりにも明るい

・実はあるキャラが死ぬとループしてた

・無理難題に見えても最終的には仲間全員の力を合わせて完勝する

 

全部合わせたらひぐらしにしかならなくても、要素をひとつひとつ分解していくと見たことある要素になるんじゃないでしょうか

 

というのが私の結論です

 

もちろん、そのジャンルやお約束を作りだしたひぐらしドラゴンボールハルヒがすごいということに違いはありません

 

できれば放送当時に見れたらもっと違った感想がもてたと思います

 

思い出補正とかもあるしね

 

この先業や卒を見るかは不明です

 

竜とそばかすの姫見たよ。ネタバレ無し感想

こんにちは、カイξです

 

竜とそばかすの姫を見ました

イオンシネマウルティマってやつで見ました

 

ウルティマ

ウルティマってのは、画面がでかくて、音がいいやつです。けど追加料金なしです。

はじめてウルティマで見たけどウルティマで見てよかったです。

 

IMAXとか4Dとかは見たことないので比べられません。

 

総評

個人の感想なんですが、

全体的な感想としては

映画として65点くらいの出来かと思います

 

詳しく言うと

映像75点

曲95点

ストーリー35点

キャラクター40点

 

って感じでした

1つずつ解説する前にあらすじから

 

あらすじ

【U】

少し未来の話。【U】(ユー)というアプリが開発されました。

【U】はSNSアプリで、デジタル世界--仮想現実やVRのような世界にあなたを招待します。

 

【U】では、あなたの写真や生態情報を読み取ることであなたの外見、精神に合わせたアバターが自動生成されます。

 

もうひとつの現実【U】で、あなたはいつもより自分に正直でいられます。

 

さぁ、今すぐ【U】を始めましょう!

 

すず

歌うことが好きだった少女、すずはとある事件により歌うことが出来なくなってしまう

 

高校生になり、親友に誘われすずはベルとして【U】を始める

 

【U】には自我を強調される機能される機能があるためベルは簡単に歌うことが出来てしまった

 

歌の上手かったベルは【U】の中でも外でも有名になっていく…

 

映像

【U】の中ではCG、現実世界では多分少し古めのキャラデザの手書きのアニメーション

 

これがあまり違和感がなく調和されていたのがすごく良かった。

 

手書きの方は文句なしで素晴らしい。

 

ただCGは慣れてないのもあるのかなと思ってしまう感じ。

迫力が出し切れていないように感じた。

 

特に戦闘シーンで本来やりたい演出が全部出来てなかったんじゃないかと感じた。

 

すず(ベル)の歌う曲全部最高によかった。

特に1番最初のアップテンポの曲が斬新な曲調で神。

 

ベルの歌う曲は今まで聞いたことないジャンルだ!って話だったのに、

後半は新鮮味はあまりないバラードやローテンポの曲しかなかったのが少しだけ残念。

最後にもう一回アップテンポの曲が聞きたかった。

 

エンディングにあの曲持って来てくれてもよかったのになぁと。

 

すず(ベル)の人の歌もすげー上手かった。

演技はそこそこだけど、歌で選ばれてるのを感じたし、まぁメインキャラはだいたい声優じゃないので、変に浮いてなくてオールオッケーです。

 

ストーリー、キャラクター

テーマを詰め込みすぎ。

サマーウォーズ美女と野獣おおかみこどもの雨と雪=竜とそばかすの姫

みたいな感じ。

 

テーマの説明に時間かけすぎてて、肝心のストーリー、キャラが浅くなってしまった感。

 

ネタバレしないので、詳しくはいいませんが、ストーリーの流れにもキャラの言動にもツッコミどころが結構多かったです。

 

キャラ5人くらい減らしてメインキャラにもうちょっと焦点当てたらいいのにな…って思いました。

主人公以外の過去や欲、目的はほぼ明かされません。

 

その主人公の欲、目的に関してもかなり強引に解決させたように思えました。

 

まとめ

曲が超いい。だからウルティマでめっちゃよかった。

 

普段からアニメとか小説とか物語にたくさん触れてきている人には不満が残る。

有名なやつだけ見てるし、そんなにこだわりはないって人なら感動すると思う。

そんな感じのお話でした!

 

【お知らせ】 ネットショップを開設しました! by冴丸

タイトルの通り、この度ストアーズにて筆文字素材のデータ販売を開始しました!

 

その名もyellowfighter's STORE

 

名前の由来は好きなパイロットのあだ名を借りました。

 

あとシンプルな名前なので覚えてもらいやすいかとも思いましてイエローファイターにした次第です。

 

 

 

コンセプト

動画や写真の合成に使えるようなシンプルな素材を提供し、被写体をよりカッコよく魅せる素材づくりに努めています。

日常生活の空間にちょっとした「書」を取り込んでもらいたい思いで筆を走らせています。

 

 

 

取扱商品

現在は主に

  • 筆文字
  • エフェクト

の2種類のみですが、今後の需要や制作環境が整えば「しおり」や「ポストカード」などの小物、インテリアグッズも視野に入れています

 

 

 

販売中の素材シリーズ

Twitterでのフォロワーにサバゲーマーの方が多いため、現在はミリタリー系を中心に素材を販売しています。

先日開設したばかりなのでまだ商品数は少ないですが今後は他のシリーズも増やしていく予定です。

ミリタリー系の次は「漢数字シリーズ」を予定していますので、配信が決定次第こちらのブログやTwitter等でお知らせします。

 

 

 

販売中の素材について

基本的に購入後は自由に編集していただいて構いません。商用利用も可能です。

また、ストアーズの仕様により当初予定していた複数セット割は今のところ設定ができないので「2個組み合わせで〇%割引」を検討しています。

 

 

 

希望する素材がない場合

こちらのブログ、Twitter、またはサイトの多い合わせフォームからご連絡ください。

新たに制作し、商品としてアップロードします。

 

 

 

最後に

開設したてで商品数もまだ少ないですが今後増やしてゆく予定ですのでよろしくお願いします。

「書と写真の融合ってよく分らない」という方は一先ずサイトのトップにあるバナーをご覧ください。以前ブログ内の記事にて紹介した写真を貼ってあるので少しは想像がつくかと思います。もし気に入っていただけたならぜひ購入をご検討ください!

 

 

 

\サイトへはコチラからも飛べます/

yellowfighter1921.stores.jp

 

 

そして筆文字を使った動画と言えばそう、オリジナル手書き筆耕動画の制作

こちらは完全オリジナルのものを一から作成するので文字もご自由にお選びいただけます。動画編集は友人が担当しますので腕前は確かです。こちらもお気軽にご連絡ください。

\筆文字を使った動画制作のご依頼はこちらまで/

coconala.com

 

 

では今回はここまで。

以上お知らせと宣伝でした:‐)

やっぱり一番は師匠だというオチ by冴丸

どうも。

先日の書道研究会で緊張と気疲れから精神的に疲弊して更新サボってました。

 

今年の頭からベテランばかりがいる和歌山の某書道研究会に参加している訳ですけれども、まだ何の資格も持っていないひよっこは自分だけであり…20代後半にして最年少なのでそれはもうとてもとても緊張しますし気疲れもするもんです。

 

それに加え、「習字を習ったことがないのにこれだけ書けるなんてすごい」という期待されているプレッシャーもあり腹のあたりがそわそわしてしまうのです。

 

とはいえ精進するためにも、誘っていただいた先生の顔に泥を塗るわけにもいかないので必死に練習して書いたものを持っていくわけで……

 

先日は正式に参加してから初めての集まる日だったので殊更緊張した次第…………。

でも思っていたより悪いことは言われなかったので一安心。

 

書譜の臨書については「字の一つ一つはよく観察出来てはいるが全体の流れが掴めていない」と指導いただいた。

 

そう、これはちょっとした自慢になるけれど自分は文字一つ一つにおける観察と真似て書くのは割と得意だと自負してる。

 

書道を始めたての頃からよく言われていたことで、そういうところがとても器用だそう。

 

なので楷書である鍾繇の臨書が性格にあっていたという訳。

 

今回、課題とは別に鍾繇宣示表の臨書も持って行って批評してもらった。

 

評判はかなり良く、「よく勉強している。雰囲気もつかめてきている。」と褒めてもらった。

 

 

そこで今回の記事としての本題は以前の記事で書いた鍾繇体のことになるのだが…

 

 

臨書について思う事

臨書とは簡単に言えば他者が書いた字を真似て書くこと。

そしてこの臨書のお手本として大抵は「古典」を参考にする。

 

例えば自分だと鍾繇の「宣示表」だ。

ただこの鍾繇、本人の肉筆を拓本にしたものは残っておらず王義之や後世の人が臨書したものを拓本にして、更にそれをお手本として出版されているので割と鍾繇の雰囲気から離れている。

 

 

鍾繇」の臨書について思う事

以前の記事にて「自分の臨書と他者の臨書が違いすぎる」ことを取り上げたが、今回の研究会でさらにハッキリとした。

自分の臨書は「正しかった」のだと。

 

別に他者の臨書が間違っているとは思わない。

初心者が臨書するならば別に見たままの臨書で構わないと思う。

だって字の練習のために臨書はするものなので。

 

 

ただ、師範や人に書を教える立場の人が見たままの臨書するのはどうだろうか。

臨書とは「真似て書いて上達をはかる方法」

 

だが、上達するにはただ真似をするだけでなくその書の特徴を捉える必要があると考えている。

 

しかしSNSでよく見かける鍾繇の臨書の殆どが「見たまま臨書」なのだ。

前述したように鍾繇の肉筆はない。

 

なので「見たまま臨書」をしている人たちは鍾繇の臨書をしているわけではなく、あくまでも「鍾繇の臨書をした王義之たちの臨書」をしている。

 

果たしてこれで良いのだろうか。

 

せめて生徒を持つ書道家ならば資料を見るなりしてもっと特徴をつかんだ鍾繇体を書いてほしい。

 

そう考えると自分が教えを乞うている先生は資料を見せてくれて説明も丁寧にしてくれた上で更には過去に鍾繇体を使った作品で受賞した書道家の資料まで見せてくれたりと何から何まできっちりと教え勉強する機会を与えてくれるすごい人なんだなと実感した。